スポンサードリンク



勝つ為の戦術!バドミントンのシングルスの相手は「自分」?

バドミントンのシングルスは戦術が大切になります。

勝敗を決める要素としては、

考えられる事が色々あると思います。

・長いラリーを難なく続ける事が出来る体力と精神力。

・相手がどんなショットを打ってきても反応出来る反射神経。

・狙いたい所に正確に打てるコントロール。

・より速く、より鋭く、力強いスマッシュを打つ事が出来るパワー。

確かに、これらは試合において必要であることは事実です。

しかし、これらが相手と同等であった場合は?

ここで「戦術」が答えになるのです。

ただ攻撃したり、遠くへ飛ばしたりしても、

それ相応の経験や技術を持った相手だと、勝敗は決まらないでしょう。

なので、戦術という知略を持つ事で、結果が出てくるのです。

試合相手に関係なく、共通している事をいくつかご紹介致します。

「相手のミスを誘発する」

例えば、相手は懐に狙われると、ラケットを満足に振る事が出来なく、

中途半端なレシーブになって返ってくる事があります。

そこを押し込んだり、スマッシュで決めたりする方法です。

また体だけでなく、甘いショットしか打てない体勢になってしまう場所は

どこか、色んな箇所を打って探してみるのです。

「相手の得意なショットを封印する」

仮に相手のスマッシュが鋭く速い場合は、スマッシュを打たせないように、

ネット際に落とすとか、

低いショットにするとか、

高いショットでも、遠くへ飛ばすなどする事です。

とにかく、スマッシュを打たせない位置に打ち込まない様にするのです。

「だまし打ち」

本来は「だまし討ち」と表記しますが、あやかってみました。

言い換えればフェイントを使う、という事です。

例えば、高い打球が来た時に、スマッシュを打つと見せかけて、

ラケットがシャトルに当たる直前に、ラケットのスピードを落とし

ゆっくりネット際にシャトルを落とす、という戦法です。

相手はスマッシュが来るものだとばかり思い、踏ん張って構えていた

ので、ネット際まで対応できず打ち返せなくなるのです。

見極める力

四つ目に、上記の内のどれが有効かを見分ける「目」を養う事です。

全試合において、戦略は変わります。

対戦相手は一人では無いからです。

つまり、試合中に相手を分析して見つけ出す事がカギになります。

「自分自身」

何でもないショットから、自分でミスを出さない様にする事です。

ある程度技術を持っているなら、相手だって当然戦略の事を

考えているでしょう。

中々勝負か決まらない試合ならば尚更です。

そうなれば、自分がミスしてしまった場合、相手はここぞとばかりに

味を占めてそこに付け込み、狙ってくる事でしょう。

また練習と比べ、本番はミスが起こりがちになります。

緊張する事も原因ではあるでしょうが、そこから自分の思い通りに

いかない時、

もっと上手く打たなければ。

と追いつめてしまう事になるからです。

それでは本末転倒。余計に悪い方向にいってしまいます。

なので、ここを打開するには「一度落ち着いて、今までの練習通りにやる」

事が大切です。

あとは、最後まで諦めない事です。

諦めた時点で、試合は終了しているのです。

とある漫画のキャラクターが言っていたこのセリフは

とても大事な事なので、決してお忘れなく。

スポンサードリンク