スポンサードリンク



バドミントンのダブルスでは1+1=2じゃない!?

バドミントンのダブルスでは、パートナーとのチームワークが

重要になります。

自己の判断や能力のみが問われ、一人で戦うシングルスとは違い、

ダブルスでは、パートナーの事をよく知り、お互いが苦手な部分を

補い合う様な関係が必要になります。

また、どんな場面でどんなショットを打つか、

相手との意思がどれだけ疎通出来ているかがカギになります。

では具体的に試合中の基本的な立ち回りを解説します。

お互いのポジション

一つは前後に配置する陣形です。

「トップアンドバック」と呼ばれています。

基本的には、後ろの人がスマッシュで攻撃をし、相手が甘い返球を

してきた所で、前の人がプッシュ等で得点を取る、というのが一般的です。

攻撃的な陣形ですね。

ここで気になるのが、後ろの人はドライブだったり、ドロップやスマッシュ

を繰り出していく事が主なのは分かるかと思います。

しかし前の人は、例えば微妙な高さのシャトルが飛んできた時に、

判断を迷わせる、あるいは誤ってしまう可能性が多いポジションに

なりがちです。

また、試合や選手のレベルが上がる程に、甘い返球というのは実際

少なくなってきます。

なので苦手だ、という人は少なくありません。

しかし、そういった人達には決まって共通している事があるようです。

ポジションが前過ぎる、という事です。

ネットに近ければ、それだけ相手の打球に早く反応しなければいけません。

言い換えれば反応する前にシャトルが自分の頭上を越えて行ってしまいます。

なので単純に考えても、足を伸ばし、腕を伸ばし、そしてラケットの先端が

ネットに届く。

これが出来る距離であれば、それ以上前に行く必要は無いのです。

プロの試合を見てみると分かるのですが、前衛の位置は後衛のパートナー

との距離がとても近いんです。

まるでぶつかりそうな位に。

その位、結構後ろの方に配置しておけば、微妙な高さの打球が来ても

むしろ攻撃のチャンスになるでしょう。

二つ目にお互いが横になるポジションです。

「サイドバイサイド」と呼ばれています。

攻撃的なトップアンドバックに対し、こちらは守備が主です。

スマッシュ等の速い打球は、左右に振られるとレシーブが難しくなります。

それを補う事が出来る陣形です。

試合相手がスマッシュを打ちそうな時、つまりその前の一手でこちらが

レシーブやクリアーを打った時に、この陣形になります。

ここで注意が必要なのが、サイドバイサイドの配置になるのは

「相手がスマッシュで攻めてきた時のみ」です。

例えばこちらがクリアーを打った後、相手がスマッシュと見せかけて

ドロップを打ってくるかもしれません。

甘いドロップならそのまま攻撃する事も可能なのです。

相手の攻撃が緩んだら、すぐさまトップアンドバックに配置する事が

優位に立つポイントです。

試合の上で防御は勿論必要ですが、誰でも簡単に相手に攻撃を

譲りたくはないでしょう。

あとはこの陣形をお互いにしっかりと理解し、パートナーとの

コミュニケーションを取る事。

これらの高さが、ダブルスとしての強さを上げていく事でしょう。

このチームワークが高まり、1✛1を、3にでも4にでもする事が出来れば、

高いコンビネーションと言えるでしょう。

スポンサードリンク