スポンサードリンク



同じものでも7種類?バドミントンシャトルの番号とは

バドミントンのシャトルには番号が付けられています。

スピード番号というもので、多いものだと7段階あります。

同じメーカー、同じ素材でも、飛び方が変わってくるのです。

シャトルと言うものは、その形から空気の抵抗を大きく

受ける性質を持っています。

となると、気温の差で発生する空気の圧力で影響が変わるのです。

それぞれ、以下の様な温度に合わせた適性の番号に

振り分けられます。

水鳥の場合はケースに番号をが降ってあり、

1番:33℃以上

2番:27℃~33℃

3番:22℃~28℃

4番:17℃~23℃

5番:12℃~18℃

6番:7℃~13℃

7番:7℃以下

となります。

1~2番は夏用で、

3~5番は春、又は秋用

6~7番は冬用です。

ナイロンの場合もケースに表示がありますが、

シャトルの先端のコルクの部分に貼ってある

テープの色でも見分けがつく様にもなっている

場合があり、以下の通りになります。

黄緑→32℃~

緑 →22℃~33℃

青 →12℃~23℃

 →0℃~13℃

黄緑が夏用

緑、青が春、又は秋用、

赤が冬用です。

ここで誤解しないで頂きたいのは、

これらのシャトルの違いは、僅かではありますが

「重さ」の違いになります。

羽根の部分の違いはグレードで異なり、値段が変わってくるので

番号だけでは質は変わりませんのでご安心を。

番号が一つ変わると、おおよそ20cm~30cm

飛距離の差が生まれるそうです。

コート内で言うと、下の図の様なエンドライン2本の幅の

半分位の距離と言った所ですね。

気温の差によってラケットを振る力をわざわざ変えるよりは

均等な力で、使用するシャトル番号を変えた方が、

効率の良い練習が出来、試合に臨めるでしょう。

また、標高の高い国や地域は例外として、適性温度にズレが

生じます。

同じ温度でも気圧の差があるので、冬でも2番を使用するなど

している様ですのでご注意ください。

しかし私は北国在住で、冬は外一面銀世界になる様な地域ですが

水鳥のタイプで言う所の6番、7番は一切使った事がありません。

なぜなら、バドミントンは屋内のスポーツだからです。

真冬であっても体育館の室内の気温は、

5番の適性温度位にまで、暖房で室温調節がしているからです。

それでも5番もあまり使用した事がありませんので、

季節に合わせて2番~4番を選択すると問題無いでしょう。

これらを参考に効率の良く、かつ快適な試合や練習を

楽しんでください。

スポンサードリンク



コメント

  1. 暗号トレーダー より:

    7つの種類があるだけでも凄いですね。番号違いで2、30cmの飛距離の影響差がでるってのも驚きです。