スポンサードリンク



3大フォーメーション!バドミントンダブルスの勝敗の要素!

バドミントンのダブルスにはフォーメーションという

基本的な配置があります。

ただ闇雲に近い人が打つ、では上手くはいかないのです。

特にシングルスでプレイしてきた人には大きな違いに驚く事でしょう。

ここではそのダブルスのフォーメーションの種類と目的、役割を

説明します。

これらを理解する事で、上手くなる為のチームワークの一つ

となりますので、しっかりと覚えておきましょう。

トップアンドバック

相手に向かって前後に配置する陣形です。

要は前衛と後衛という役割ですね。

こちらは攻撃的なスタイルとなります。

仮に甘いショットが飛んできたとして、こちらは前衛ならば

プッシュやヘアピンを打つ事が有効です。

また後衛ならばスマッシュを打つ事が有効になります。

得点を決めようとするだけではなく、相手の隙を作る

攻めのショットを打つのが重要で、

得点を得る為のショットを、相手に作らせる攻撃

が大切です。

サイドバイサイド

左右横並びに向いて配置する陣形です。

上記と違い、守備がメインになります。

守り、というと後手に回る様なイメージがありますが、

こちらのフォーメーションはラリーの継続に特化しており、

反撃の機会を探る事に優れているので、

押されている、という訳ではありません。

相手の速いスマッシュにも、左右の配置なので大きく動かず

打ち返す事ができ、攻撃が緩んだらすぐさまトップアンドバック

に配置し、反撃を開始します。

ダイアゴナル

自分側のコートを対角線上で斜めに切り、出来た二つの三角形を

それぞれ二人で担当する陣形です。

イマイチよく分からない方の為に画像を用意しました。

サイドバイサイドから、トップアンドバックに移行する途中

としてよく配置されます。

2枚目の画像の様に、相手()が矢印の方向でスマッシュを

打って来る際、この配置により相手との距離が同じになり、

二人とも対応がしやすいのです。

またスマッシュではなくクリアーだったとしても、

トップアンドバックの配置にすぐに移れるという利点を持っています。

前衛や後衛の役割が決まっているペア、または男女混合のダブルス

よく使われる陣形です。

ダブルスの戦況は常時変化していきますので、それに合わせて

コート上にある自分達の弱点「穴」を埋めるように動いていく

必要があります。

こちらのショット、相手の返球などで配置が決まりますが、

一般的には「後衛が前衛の動きを見て合わせる」事があります。

後衛は前衛の動きが視野に入るからですね。

プロの試合を見てハッキリ分かる事は、強いチームはやはり

ローテーションの動きが完璧です。

次はどんなショットなのかが、パートナーも打つ前に知っている様な

まるでテレパシーで通じているかの如く動きを見せてくれます。

これが勝敗を決める要素と言っても過言では無いのでしょう。

スポンサードリンク



コメント

  1. 由紀 より:

    色々なフォーメーションがあるんですね!こうして解説して頂けると初心者でもわかりやすくて、バドミントンがより身近なスポーツに感じられます。

  2. ぽん。 より:

    ダブルスを組む相手との相性も重要になってくるんですね。

  3. ねもやん より:

    ダイアゴナルは本当に試合を決めるといっても過言じゃないですよね。戦略の勉強になりました

  4. ねね より:

    フォーメーション、今まさにダブルを組んでいる相手と悩んでいるところです。それぞれの違い、利点をわかりやすく図で表して頂き初心者の私にも理解できました。ダブルスの相手にもこれを見せて2人で作戦を立ててみます。

  5. ヒロ より:

    オリンピックのときくらいしかダブルスを見ませんが、シングルでトップであるだけではダブルスはできないというのはなんとなくわかります。

  6. sas より:

    図が載っていてわかりやすかったです!参考になりました。

  7. しゅう より:

    陣形が大事なのはわかっていたのですがそこまで意識していなかったので
    もっと陣形を考えてプレイしないといけないと改めて思いました。

  8. やまぶき より:

    ダブルスはやったことがないので、今回の記事は読んでいて初めて知ったことが多く楽しかったです!

  9. とふ より:

    ダイアゴナルっていうのが初耳でした!

  10. ヤム より:

    代表選手のローテーションの動きは美しくも感じます。プレイ中の意思疎通が可能になるにはどれだけの練習を重ねる必要があるのか気になりますね。

  11. ZENN より:

    ダブルスはシングルスと違って特性や相手との意志の疎通が重要になってくるので、このような図での説明は分かりやすかったです。

  12. 薄毛ドンちゃん より:

    テニスだと初心者が前衛にいることが多いですね。
    ダブルスにも色々な戦術があるのですね。

  13. くまゆん より:

    中高の部活で習ってはいましたが、実際にやると難しいです。こちらの説明は図ものっていたので、とても分かりやすかったです。

  14. リッチー12 より:

    フォーメーションの図が掲載されていたので、とても理解しやすかったです。

  15. つぼ より:

    ダブルスにも作戦があって、奥が深いものですね。試してみたいです。

  16. natutomo より:

    ダブルスとなると、相手との連携が大事になってくるんでしょうね。
    一人以上に難しそうですが、やってみたいですね。