スポンサードリンク



これで安心!バドミントンを始める時の用意すべきもの

これからバドミントンを始める方は、まず何から手を付けたらよいか

悩んでいませんか?

道具や用品は勿論ですが、心構えなども加えてこちらで全てをお答えします。

用意する物品

まずはラケットシャトルウェアシューズですね。

今やインターネットの時代で、用品店に赴かなくても様々な物が

簡単に手に入れる事が出来ます。

しかしここはあえて、ぜひご自身で用品店に行ってください。

特にラケットとシューズは直接握ったり、履いたりしなければ

自分に合った物を厳選する事が出来ないからです。

合わない物を使ってしまうと、無駄な出費になるだけならまだしも

最悪の場合ケガをしてしまう事だってザラにあります。

また、パソコンの画面だけで見るより、直で触ったりする事でのワクワク感

がまた楽しいものです。

足が重くても、ここは妥協してほしくない部分です。

具体的にどのくらいのお金が掛かるかはコチラでご覧ください。

サークル、部活に入る

中学や高校なら部活に、大学や社会人ならサークルに参加して、

固定した活動場所を作るといいです。

社会人に限っては、会社や勤務の都合によりサークルが無かったりする

かもしれません。

そういった場合は私も行っていた事ですが、近所の公共の体育館に

行ってみると良いです。

友人と週一程度の頻度で通っていましたが、定年退職なさった方々と

交流し、練習試合もしました。

この様な機会を上手く活用すると、末永く楽しむ事が出来ます。

ただし、気持ちの面では中々難しい行動になるかと思います。

ですが、一人より二人、二人より三人と同志を手に入れる事で、成長は

飛躍的に向上しますし、人数が多いだけ楽しさが増えるものです。

とても大きい前進になる筈です。

自分の気持ちの整理

「バドミントンを始めるのに、自分は今、どの様な状況下にあるか」

これを考えた時、例えば入学・進学・就職というタイミングなら、

それを機会に気持ちからも行動を起こしやすいかと思います。

が、多くの方は「途中」と言えるような状況ではないでしょうか?

そのような、悪く言えば中途半端な時期で始めるのは、気が進まない

ものです。

「高校からだと、中学からやっている人に初めから差がついていて

やりにくい…」

「社会人になってからバドミントンってどうなんだろう…」

「こんな年齢にもなってゼロから始めるのは如何なものか…」

そのように思っているなら、私は声を大にしてお返事します。

そんなことは関係ありません!

やりたいと思ったらやるべきです!

心のままに動いてください。

そうすれば、きっと楽しい世界にあなたを導いてくれる事でしょう。

スポンサードリンク