スポンサードリンク



意外と高難度!バドミントンの一人練習法

バドミントンには一人で練習出来る方法があります。

相手がいて、試合があって、初めて上達を感じ、成長の手応え

を得そうなイメージがありますが、そんな事はありません。

勿論、多くの人と試合をする事は、自分に足りない部分を

見つける事に優れた確認の方法ですが、それはまたかなり上級者に

なってからのお話。

ましてや社会人なら特に、周囲のバドミントン仲間と都合を

合わせてプレイする事は、中々難しいものです。

そういった方も含めて、ここでは私が実践している、

一人でも出来る練習をお伝えします。

先に言っておくと、走り込みや筋トレ等は詳しくお話しするまでも

無いので、お伝えするのは、あくまでラケットを握っての

練習方法になります。

打ち上げ

シャトル上げとか天井打ちとも呼ばれています。

読んで字のごとく、ラケットでシャトルをひたすら真上に

打ち続ける方法です。

思い切り高く打つ事で、ロブの練習になれば、

1メートル位だけ上げる事でヘアピンのコントロール調整にも

なります。

前者の高く打つ方は、普段のロブとは打つ方向が違いますから

フォームも変わってくるので、出来るだけ肘から手首のみで

打つと良いでしょう。

立ち止まったままで打ち続ける事が出来たら御の字です。

問題は後者です。

これが中々難しいんです。

1メートルと範囲を狭めると、それだけシャトルが早く返ってきて

またすぐに打たなければなりません。

しかも、重みや空気抵抗の関係で、シャトルの軌道はブレブレです。

中級者がやっても連続10回打てるかどうか…。

しかし、だからこそ練習になるのです。

これに慣れて足を一歩も動かさず打ち続ける事が出来たら、

コントロールをほぼマスターしたと言ってもいいでしょう。

上級者の中には、これより更にシャトルを2つにして、

片手お手玉の様に打つ猛者もいらっしゃる様です。

かなり難易度が高いですが、慣れてきましたら

やってみてはいかがでしょう?

サーブ

こちらも文字通り、ひたすらサーブを打つ方法です。

コート内ならラインを基準に調整しながら出来ます。

また、相手コートの手前や奥の角にシャトルのケースを置く事で

目標が出来るのでやりやすいです。

ケースに向かってサーブし、そのままケース内にシャトルが

入った時の感動は凄まじいでしょう

滅多に入りませんが…。

コートが使えない場合も、体育館ならコートのすぐ隣の

空きスペース等でも十分可能です。

ケースを置くなら、中のシャトルは全部抜き取って、

自分の足元にばら撒いておくといいでしょう。

それを全部使いきったら、反対のコートに行って軽くシャトルを

かき集めてサーブ練習。

この繰り返しなら、ケースを2本用意しておくと効率がいいです。

この2つは手軽に出来る方法で、1人の時は勿論ですが、

仲間の人数が奇数の場合でも有効に活用できます。

例えば私がやっている方法は、2人の友人とプレイする時に

2人はコート内で打ち合い、

1人はコート外でサーブ練習(又は休憩)、

これを15分毎にローテーションを回していく、

という方法がありますので、是非参考にしてくださいね。

スポンサードリンク



コメント

  1. ぽん。 より:

    ダブルスの相手がいないときシャトル上げをしていましたが、ヘアピンのコントロール調整にも効果があるとは知りませんでした。