スポンサードリンク



バドミントンの上達で起こる障害とその突破口とは?

バドミントンで上達していくに当たって、多くの方が迎える障害が

あります。

その具体的な状態と、その突破方法をお教えします。

コツを逃す

シャトルを沢山打っている中、突然いい当たりが出て驚くことが

あるでしょう。

それをいつも出来る様にしたいものです。

しかし、ほとんどがその時限りで終わり、ただの偶然だった…

となってしまいます。

突然いいショットが打てたら、最高でもあと2・3回打つ事で

完全に掴むようにしてみたいものです。

それにはまず、一度休んで思い出す事です。

どんな体勢だったか…

シャトルとの距離と打点は…

ストロークは正しかったか…

可能な限り色々思い出して、全く同じ状況でもう一度

打ってみて下さい。

同じ状況というのは難しいかもしれませんので、練習相手に

お願いして同じ場所に打ってもらったり、逆に自分がわざと

作り出すのもいいです。

練習相手には「なぜその打球でその体勢に?」と思われる

かもしれませんが、自分の上達の為に気にしないようにしましょう。

書いて残す

シャトルが来て構え、

振りかぶってタイミングを待ち、

体重を乗せて打つ。

この一連の工程は一瞬です。

打った後に全部思い出すこと自体至難ですが、更にそれを頭の中で

留めておく事はもっと難しいです。

ならばせめて、思い出した事は忘れないように書いて残す事です。

これをやれば確実に忘れません。

マンネリ化

色々なスポーツの練習でも、仕事でも言える事ですが、

大概は同じ事の繰り返しです。

それが大切な事ではあるのですが、どうしても退屈になったり

つまらなくなってしまいます。

一番良くないのが、その後に起こる省略化です。

適当になってしまった事は、癖をつける為のもので最も重要だった

部分、という話はよくあります。

これだと基礎の身に付けからやり直しになってしまいます。

対策は、「時折趣向を変えた練習をしてみる」事です。

スマッシュばかり打ってみたり、

試合風な打ち合いに変えてみたり、

練習の始まりをバックハンドサーブにしてみたり、

常に、ではありませんが、時々新しい事をしてみて下さい。

意外な発見が見つかる事もあり、バドミントンがより楽しく

なる事も多いですよ。

上達の伸び悩み・停滞

中級レベルになった辺りで見かけるもので、目立った成長が

見えなくなる事です。

個人差はありますが、ほとんどの人が経験しており、

必ずやってくると思っていいでしょう。

危険な事は、「分析の為、そのまま練習を継続する事」です。

悪くは無い事ですが、場合によりヘタしたらそのまま

何も見つけられず、精神への苦痛を受けてしまいます。

対策は、休養を取る、又は環境を変える事です。

「コツを逃す」と「マンネリ化」で述べた事と同様ですね。

ゆっくり試合動画を見るとか、雑誌を買ってきて読むとか、

あまり深く考えずにただ見ているものを素直に受け止めるのみに

してみましょう。

これらは多くの方が経験している事で、私も同様でした。

成長の過程で必ず来ると思っていいでしょう。

その為に備えをしておき、上手く取り入れてみて下さい。

スポンサードリンク



コメント

  1. うぬ より:

    「一度休んで思い出す事」がいいという点は色々なスポーツと同じなんだなあと思わされました。

  2. うぬ より:

    マンネリ化していても結構自分で押し通してしまう事があるなあ。

  3. ねもやん より:

    確かにメモは重要かもしれませんね。いつも感覚でやっていて理論化をあまりしていないので、これからはそれを意識してやりたいです

  4. ぽん。 より:

    試合に勝てなくなってもひたすら同じメニューで練習していたことを思い出しました。

  5. ヒッピー より:

    地道な練習ほど大切だけどなかなか続けるのは難しいですよね。

  6. ヒッピー より:

    他の類似スポーツの練習を取り入れるのも新鮮でヒントがたくさんありそうですね。

  7. うり坊 より:

    上手く打ち返せたときは気持ちいいので思い返そうとしますが出来ません。誰もが難しい事なんだと分かりました。

  8. しゅう より:

    マンネリ化は何でも起きる事ですがやはりそれを回避するにはいろんな方法を試すのが良いという事ですね。

  9. やまぶき より:

    よくできた時を偶然にせず、再現できるように思い出すだけでなく、メモをして残すのは良いですね。
    マンネリ打破の方法は、他のスポーツや仕事や趣味にも使えそうなのでとてもためになりました。

  10. とふ より:

    やはり人ですから波がありますよね。
    つまづいたら自己分析してみます!

  11. ヤム より:

    どんなスポーツでも一度休んで思い出す事は重要だと思うので自分を見つめ直すことが上達の秘訣かもしれませんね。

  12. ZENN より:

    偶然できたのか必然だったのかを、冷静に分析し、同じようなシチュエーションで出来るようにする事が重要ですよね。

  13. 薄毛ドンちゃん より:

    地道な練習も試合を意識してやると、以外と楽しいものですよね。
    上達する為には、客観的に自己分析が必要ですね。

  14. あーちゃん より:

    上手くなるとその分立ち止まってしまう事もあるということや、その際の対策の仕方について知ることが出来てよかったです。休むことやメモをとることが大切ということを知れてよかったです。

  15. あーちゃん より:

    上達するからこそのつまづきかあることや、その際の対策の仕方がわかりやすく書いてありよかったです。休むことやメモをとることが大切だということを学びました。

  16. ナナキ より:

    不調だからって無理をして、変な癖や怪我をしたら大変ですもんね。

  17. つぼ より:

    どのスポーツにおいてもマンネリ化はしますね。その時ほど一度離れてみるべきですね。

  18. みとはん より:

    コツコツ練習が必要だとは思うけど、マンネリ化しやすくなりますよね。メモする方法、試してみます。

  19. 暗号トレーダー より:

    人間って忘れやすい動物ですからね。コツを逃さずに小さな事もメモしておくのは大事かも。記録というよりメモ書き最中思い出す行為が重要ですからね。

  20. なおさん より:

    どのスポーツでも起こり得ることかなと思いましたしとても参考になりました。

  21. natutomo より:

    とりあえずそのままやってみる って、今でもしてしまいます。
    ダメですね・・・。