スポンサードリンク



「バドミントンで勝つ方法」3つの極意!

バドミントンで勝つ方法の極意をお教えします!

「上手くなる」あるいは「強くなる」事はとても嬉しいものですので、

是非、参考にしていって下さい!

ミスを呼ぶ

まずは当然ですが、試合に勝つ為にはポイントを得る必要がありますね。

では、どういった場面で得られるかを挙げてみましょう。

試合相手が打ってきたシャトルがコート外に落ちた

相手の打球がネットに引っかかった

相手のショットがフレームに当たっていた、又は空振りした

これらは全て、相手のミスによるものです。

それをひたすら待つ事は、非常に期待が薄く効率が悪いですが、

「誘う」事が可能です。

つまり、試合中に相手の苦手な位置やショットを見極めるスキルを

要します。

難しそうなイメージがありますが、打ち合いの中で「甘いショット」が

相手のどこかにある筈ですので、その前の自分の一打はどんなもの

だったか、これを頭にねじ込んでおきましょう。

精度を上げる

当然ですが、相手にミスを出させる前に、自分がミスをしてしまっては

「策士、策に溺れる」というものです。

ご自身の普段の打球を振り返ってみましょう。

バックハンドでのクリアーがイマイチ飛ばない

ネット際のショットがいつもネットに引っかかる

長いラリーに弱い

私や私のバドミントン仲間だと、比較的にこれらのどれか一つが

該当する事が多いです。

そして重要なのが、

「全てのショットに2つ以上の目的を持たせる」という事です。

相手がスマッシュを打ってきた場合、レシーブやヘアピンで受ける事に

なると思いますが、それだけではただの防御でしかありません。

相手コートの後ろのラインぎりぎりまで遠く返し、攻撃をさせにくく

するとか、逆にネット際に落とす事でも同じ目的があります。

つまり、相手の攻撃を止める自分へチャンスを作るという

複数の意図があるのです。

攻撃系のショットも同様です。

こちらがスマッシュを打つ事自体に攻撃の目的がありますが、

返された場合を考慮し、相手の苦手な位置を狙いましょう。

そうする事で、甘い返しが来て今度こそポイントを得る為の

スマッシュで決める、といった具合に、

攻撃でもあり、本当の攻撃の為の「“攻撃なのです。

行きつく先は同じ

では、この様な技術を得るにはどうすればいいのでしょうか。

あっけない答えではありますが、「ひたすら練習あるのみ」です。

相手の弱点を試合中に見極める様になるには、それ相応の試合数を

見る、又はこなしていく事に他なりません。

自分の弱点を克服、又は相手の弱点を狙うためには、

やはりそれに見合った練習をこなす事にあります。

得意分野を伸ばしていくのも大事ですが、後回しした方が良いと

私は思います。

自分だけの決め手を持つ事は良い事ではありますが、

絶対必要という訳ではないからです。

私も一人のバドミントンプレーヤーとして、沢山の選手のプレーを

拝見してきましたが、すべての選手が「十八番」とか「派手な演出」

を持っている訳ではない様です。

愚直にこなす事が最大の進歩であることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク