スポンサードリンク



単純で複雑⁉バドミントンのウェアの規定とは

バドミントンのウェアには規定が存在するのをご存知でしょうか?

「動きやすいシャツならなんでもいいでしょ」と思っていたら、

規定外で試合に出られなかった…。なんて事が無い様に、規則を

知っておくことはとても重要ですので、こちらでお教え致します。

ポイントを掴む

まず、“規定”と申し上げましたが、こちらはあくまで

「日本バドミントン協会が運営している大会」に限りご説明します。

各都道府県や市町村の大会は、またそれぞれの規程がありますので、

問い合わせてみたり、調べてみて下さい。

基本的には国内で一番大きいとも言える、上記協会の運営する大会

よりは厳しくはない事が多いです。

色やデザインについてですが、以外にも規定は特にありません。

試合相手や観客に不快感を与えない着色である事、という条件は

ありますが、ここを突破出来れば自分の好きなデザインで

大丈夫なんです。

それでも不安でしたら、無難にいく方法があります。

「色が付いているウェアの場合、協会の審査合格品とする」

という規定がありますので、スポーツ用品店のウェアコーナーへ

行き、合格品の中から気に入ったものを選べば確実です。

大手メーカーからは多彩な商品が存在しますので、

ご自身の気に入った色やデザインがきっと見つかる事でしょう。

ありがちな注意

私がよく耳にするのが、バドミントンとテニスを比較するような

話題です。

それ自体は気にはならないのですが、問題は「混同してしまう事」

にあります。

ウェアについても同様です。

テニスウェアじゃダメなのか。という事についてですが、

私はお勧めしません。

様々なデザインのウェアを、バドミントンとテニスの両方から

私は拝見しましたが、テニスの方が比較的に派手な印象を受けました。

テニスはその様な見た目でも承認されているようですが、

バドミントンではそうはいかない可能性が高いからです。

よって、バドミントンをプレイするならバドミントン専用

揺るがないようにしましょう。

ルールは守るためにある

大会運営規程の中に、「競技の品位を保つ為」という文章があります。

日本では現在、バドミントンの知名度が格段に上がり、社会的な

露出度が急激に増加し続けております。

私もバドミントン愛好家の一人として、有名になっていく事は非常に

喜ばしい事ですが、プレイする人数が増えれば、それに比例して

快く思わない行動をとってしまう人も多くなりがちです。

競技としてのイメージや試合相手、観客はもちろん、何より自分自身の為、

気持ちよくプレイする為、規程はしっかりと守り、皆でバドミントンを

楽しくプレイしましょう。

スポンサードリンク