スポンサードリンク



バドミントンのナイロンシャトルはどう使う?

バドミントンのシャトルのナイロンタイプは、使い方によって

過ちになってしまう事はご存知ですか?

使用用途を把握する事で、知識という分野で

スキルアップをしていきましょう。

まずは特徴から。

公式の試合で主に使用される「水鳥」に対し、

ナイロンシャトルは羽根の部分がプラスチックで柔らかく、

網目状に作られております。

変形や破損率が低く、耐久性が非常に高い為、ノックの練習や

長いラリーをしたい場合に向いております。

なので、スマッシュやクリアーで、自分の打点を体で覚えたい

時や、強打を連続で打ち込んでいきたい時に適しています。

そして値段に関してですが、水鳥のタイプに比べると

ナイロンタイプのシャトルの値段は多少上がっていますが、

壊れにくい為、実質安上がりになります。

バドミントンを始めたばかり。とか、

試合に勝つ事より、楽しいバドミントンを。とか、

近頃、出費が…。

という方にはナイロンを選択すると良いでしょう。

また気温によって飛び方が変わるらしく、適性の室内温度に

合わせて、色で分けられており、以下の種類があります。

黄緑→32℃~

緑 →22℃~33℃

青 →12℃~23℃

赤 → 0℃~13℃

ちなみに、私は北国在住でして、

冬は氷点下、夏は真夏日の外気温を経験しております。

この環境を有効に利用し、上記の種類を飛び具合を

全て試してみた事があります。

が、正直大差ありませんでした。

そうでなくても、バドミントンは室内スポーツ。

体育館は真冬でも、当然暖房が入っております。

その為、「赤」の適性温度の様な環境でプレーする事は

滅多にありません。

結論として「青」「緑」を選んでおけば、まず失敗は無いかと

思われます。

扱い方の気を付ける事としては、「保管方法」です。

シャトルは羽根の部分が少しでも変形してしまえば飛び方が

大きく変わってしまうものです。

なので扱いが乱雑だと、ナイロンのシャトルと言えど奇妙な

軌道になってしまいます。

シャトル専用のケースに入れておくことは勿論ですが、

それに加え、コルクが下になる様に「縦」にして保存しておく

事をお勧めします。

スポーツ全体で比較すると、圧倒的に消耗してしまう部品です。

丁寧に扱う様に心掛けてください。

スポンサードリンク



コメント

  1. うり坊 より:

    子供の頃、シャトルをおもちゃ箱に入れていて羽根が曲がり、変な飛び方になってしまった事があります。適切な保管方法を取ることは大切だと思います。

  2. sas より:

    シャトルのナイロンタイプの保管方法について、あまり深く考えていなかったのですが、保管方法が合っていて一安心しました。