スポンサードリンク



バドミントンの三大苦手項目とその克服法

バドミントンのここが苦手…という方は少なくありません。

少なくとも、この記事を読んでくれている方は、

「上手くなりたい」とか、

「原因は何なのか」と思っていることでしょう。

なので、リサーチや知り合いから聞いた話、

そして私が昔、実際に抱えていた問題等を取り上げて、

ここで原因追求と対策をします。

シャトルがラケットに上手く当たらない。

空振りする人によくある傾向ですが、

シャトルを打つ直前まで、シャトルをよく見る事です。

最後までしっかりと見る事で当たり始めてきます。

最初は当たって飛んで行ったシャトルを見届けないで

打った後も打点を確認する位でもいいです。

そして当たった時の距離感をしっかり覚えるのです。

また、フレームによく当たる人に多い傾向が、

力を入れ過ぎている事です。

遠くに、あるいは強く打たないと、という意識は

まず捨てましょう。

肩や腕の力を抜いてみてください。

これも同様で、最初は当てる事を意識し、

しっかりと当たるようになってから、段々と力を

いれていきましょう。

チャンスをどうしても逃してしまう。

無理にシャトルに手を出して攻撃をすると、

むしろミスしてしまったり、

プッシュでネットにかかってしまったり。

ダブルスの前衛が苦手な人に多いタイプです。

甘い打球が来た場合は、全て攻撃して決める事だとは

限りません。

悪い判断とは思いませんが、相手もそれに見合った

防御態勢をとっているはずです。

なら、プッシュの様な攻撃的なショットは控えて

「ネット際に落とす球」を打ってみてください。

意外と相手はそれに反応できなく、有効になります。

相手のフォームを崩す、または甘い打球をもらう、

こういったチャンスを相手から作らせるのです。

決め手は「決まる打球の一歩前から」なのです。

バックハンド

誰しも「利き腕」があり、その逆にシャトルが飛んできた場合、

どうしても返しが弱くなってしまいます。

しかし一度これを上手く取得すると、実はフォアハンドより

安定する事が多いんです。

それには漠然としているかもしれませんが、

「とにかく打ちまくる事」です。

最初はジャストミートする打点の距離感を把握し、

その後に体重をかけるように力を入れていきます。

私がやっていた方法は、

1、シャトルを足元に沢山置いておく。

2、利き手とは反対の手でシャトルを一つ持ち、真上に投げる

3、バックハンドでクリアーを打つ

これをひたすら繰り返していました。

勿論、どこの打点が一番飛ぶのかを確認するために、

良い打球になったら、一度休憩を兼ねて体の感覚を思い出し、

記憶していました。

利き手とは反対の手で、真上にシャトルを投げる時点で、

打つ場所にバラつきがありますが、それでいいのです。

試合ではどんな打球が来るか分かりませんから、

多少のズレに上手く対応できた方が実戦的です。

これらは試合において、必ず使用するショットですし、

克服しマスターする事が出来れば、バドミントンが

より一層楽しくなる事でしょう。

スポンサードリンク



コメント

  1. 暗号トレーダー より:

    バッティングセンターでも言えててバットに当てるイメージより飛ばしたいという気持ちがフォームを崩しているかも。