スポンサードリンク



バドミントンのプラスチックシャトルの決定的な違いと使い分け

バドミントンシャトルのプラスチックのタイプの

特徴や性能、そして水鳥のタイプとはどの様にして

使い分けていけば良いか、ご存知ですか?

特徴

水鳥のタイプと比べると、プラスチックのタイプは

先端のコルクの部分を除き、羽根の部分が全て柔らかい

ナイロンで出来ております。

その為耐久性は非常に高いので、長く使っていく事が出来ます。

そして何より安いです。

有名メーカーのヨネックスが生産しているもので、

公式試合と同等の性能を持つ水鳥シャトルで

「ニューオフィシャル」という製品があり、

その値段はシャトル12個入りで4000円

非常に高い値段になっている事に比べ、

同メーカーのナイロンシャトル、ブランド名が

「メイビス」といいますが、6個入りで1000円前後

上記の水鳥と比較しやすく12個で換算しても

2000円前後と非常に安価で、どんなプレイヤーでも

手が届きやすくなっています。

私も中学の部活動の時代では、ほとんどこちらを使用していました。

最近のものは技術の向上により、飛行性能も高いそうです。

その反面、飛行性能は高くなったとはいえ、水鳥のシャトルには

劣ります。

耐久性は高いですが、羽根の部分がぽつぽつと切れていくと

飛行性能は落ちてしまいます。

逆に羽根の部分に、全体的にしわが出てくるとかえって飛びやすく

なったりしますので、

壊れ方によって全く違う飛行に変わっていきます。

運用のしかた

しかしその交換タイミングは長いです。

使い道として、小・中学の部活、あるいは初心者用として

多く使われており、強打の練習とか、打点の距離感を覚える等の

基礎を構築するとか、長いラリーを続ける様なパターン練習

するなど、沢山打ちたい場合には最適なシャトルです。

飛距離の調整などを全く気にしない練習であれば、多少な破損が

あっても、そのまま使い続ける事も出来ます。

高校から大学、社会人サークル関係の試合、又はそこから

レベルが上がって公式試合に至るまでは、水鳥のシャトルが

多く使われています。

公式試合に至っては、水鳥タイプのシャトルの使用を

バドミントン協会の規則で義務付けているくらいです。

つまり、そういった試合に出場するのであれば、プラスチック

タイプはお勧めしません。

そうは言っても、他の球技とは違い特徴的な球です。

デリケートなものには変わりありません。

ケースからシャトルを出し入れする際は丁寧に扱う様に

しましょう。

具体的にはケースに入れる時はコルクから入れて、

出す時もコルクからです。

これから基礎を学んだりする方は特に、今後いつかのタイミングで

水鳥のシャトルを使用する事になるでしょうから、

今から慣れて癖をつけておくと良いでしょう。

スポンサードリンク



コメント

  1. ナナキ より:

    試合の感覚に近付ける為にも出来るだけ水鳥シャトルを使いたいですよね。