スポンサードリンク



仲間に差をつける!バドミントンのリバースカットの打ち方

バドミントンでリバースカットの技術を習得する事で、戦術の幅を

格段に広げる事が出来るのはご存知ですか?

こちらで打ち方・目的を覚えていただき、仲間に差をつけて

みましょう!

カット・リバースカットとは?

そもそもカットというものは、右利きの場合、上から落ちてくる

シャトルの右側をこすり、回転させる様に打つ技術の事を言います。

左利きの場合は逆で、シャトルの左側を当てます。

文字通り、カット=切るようにして打つのです。

これにより、シャトルが余計にスピンする為、右利きの場合は

空気の抵抗を意図的に増やし、シャトルが急に減速し落ちていく

軌道を作り出せます。

その為、ドロップやスマッシュを上手く打つ事で、ネットを越えた

タイミングで「ストン」と落ちるような、相手にとっては非常に

返しづらいショットとなるのです。

一方でリバースカット、つまり「リバース」になりますので、

右利きの場合はシャトルの左を当てて打つ事になります。

試合相手にまっすぐ打ったと見せかけて、斜めに飛んできた

というフェイントとして用いられます。

打ち方

では、リバースカットの打ち方に入りますが、イメージして頂ければ

すぐに分かるかとは思いますが、シャトルを当てるラケットの面を

外側に傾けて打ちます。

しかしラケットの面を傾け過ぎてしまうと、力が分散されすぎてしまい、

ネットに引っかかったり、相手のコート外に落ちてしまいます。

ハッキリと分かる様な傾きだと派手にそれてしまうため、気持ち程度で

問題ありません。

ドロップのリバースカットの場合、ドロップを打つフォームのまま、

ラケット面を傾ける事だけ行い、具体的には30°位です。

面を傾けるだけでフォームを変えずに打つのは、相手にシャトルの

軌道を打つ前に読まれないようにする為です。

30°位と記しましたが、人により腕の長さや力の入れ方によって

軌道は変わってきます。

シャトルが当たる瞬間は、目では判別がつかないほどの僅かなズレ

ではありますが、相手側のコートに落ちた場所までの距離になると、

インになるか、又はアウトになるか、ハッキリと差が分かる位に

変わってくるからです。

難易度が非常に高いショットですので、30°はあくまで目安

として覚えていただき、あとは沢山打ってシャトルが当たる瞬間の

抵抗などを、体で覚えていきましょう。

参考までに動画もご覧ください。

最後に、リバースカットをマスターしても多用は禁物です。

試合を続けるたびに相手もそれに順応した対応をしてきてしまう

恐れがあるからです。

上で記したように、フェイントとして使う事が主になるので、

「突然!?」と思わせるようなタイミングで放つ様にしましょう。

スポンサードリンク