スポンサードリンク



バドミントンサーブのコツを経験者が解説!

バドミントンのサーブのコツとはどういったものなのでしょうか?

バドミントン初心者なら必ず立ちはだかる壁。

その一つが、サーブが当たらない事にあります。

そういった方は、原因がいくつか共通している部分があります。

タイミング

自分で感じているジャストミートの場所に対し、

スイングのスピードが思ったより早すぎるか、遅すぎるのです。

試しにわざと「こんなに早く(遅く)打ったら当たらないでしょ」

ぐらいのタイミングでラケットを振ってみて下さい。

空振りからフレームにヒットするまでになったら、

兆しが見えてきます。

あとは微調整していくのみです。

そこでまともに当たったら、その時のリズムを覚えましょう。

シャトルを持って構え、

ラケットを振りかぶって、

シャトルを手から放して、

ラケットに当てる。

0コンマ数秒後、とか実際に計るまで必要はありませんが、

いつも決まった長さの感覚をリズムで掴む事で、

綺麗に打つ事が出来ます。

それに加えてシャトルを最後までよく見る事もコツの一つです。

振り方

基本的なサーブの姿勢が崩れているかも知れません。

サーブだけでなく、バドミントンの全体で言える事ですが、

様々なショットはまず、正しいフォームを固めて崩さない事

大切です。

バドミントン仲間や試合、動画などを見たり、

先輩に見てもらったりすると良いでしょう。

力の入れ方

もう一つは、力み過ぎている事です。

色んな球技でもそうですが、サーブとは「始まり」です。

観客がいたら、息をのんで注目している所でしょう。

そんな中で最初の一打を打つのですから、どうしても力が

入ってしまいます。

そこをリラックスして打ち込めれば、意外と上手くいくものです。

だれしも最初は初心者です。

失敗をあまり恥ずかしく思わず、力を抜いてみて下さい。

実は私もサーブを覚えるのに苦悩しました。

中学で初めてバドミントン部に入り、本格的な練習をし始めた

時の事です。

「一年生の今日の練習はサーブ」という日があり、

床にナイロンシャトルをばら撒き、ひたすらサーブを打つ日が

ありました。

しかし、一向に当たりません。

何が悪いのかもサッパリ。

周りを見ても動きに違いは特に変わらなく、私一人だけが

マスターするのに時間が掛かっていました。

しかし、私は優しい先輩に恵まれ、ありがたい事にこと細かに、

丁寧に指導をいただきました。

それが上記の内容だったのです。

みるみるうちにシャトルが当たっていき、

微調整によるコントロールも可能になりました。

この驚きの上達ぶりを皆さんにも味わって頂きたいので、

是非お試しください。

スポンサードリンク