スポンサードリンク



これで試合を有利に!バドミントンのシングルスの戦略とは?

バドミントンのシングルスは、戦略が勝敗のカギを握る事を

ご存知ですか?

どんなに練習をして、技術を高めても試合に勝てない…

そんな時に身に付けておくべき事が「戦略」なのです!

基本的な心構え

まずバドミントンのシングルスは、コート内で1対1になる為、

観客の応援を除けば誰の助けも無い事はすぐに分かると思います。

得点を連続で取れた時

試合相手が連続でミスした時

そんな時の試合の「いい流れ」というものは、思わぬ力が発揮できたり

するものです。

しかしそれとは反対に、

自分がミスを連発したり

相手がひたすら攻撃を仕掛けてきたり

その様な状況は、逆に相手にポイントを取られる一方になってしまい、

勝てる試合も勝てなくなってしまいます。

そのため、試合中に落ち込んだり、諦めたりするマイナスな

思いを捨てる考え方や、いい流れに付け込み過ぎて調子に乗って

しまわないような、不屈の精神を持ち、「勝ちたい!」という思いを

強く持ち、備えておく必要があります。

探って見定める

どんなに練習して技術を向上して、いざ試合に臨んだところで

相手だってこの時の為に、日々練習していた事でしょう。

技術面・体力面で試合相手と同等であり、勝敗が付きにくく

なってしまった場合は、「相手の隙を見つける」事が

雌雄を決するカギとなります。

具体的には、試合中に相手の苦手なポイントを見つける事にあります。

例えば

バックハンドでのクリアーの飛距離がいつも短い

ネット際に落ちるシャトルに対し、反応が鈍い

スマッシュが遅い

といった具合に、何か一つ有利になりそうな事を見つけてみましょう。

打ち合っていれば、「あれ?」と思えるような感覚がある筈ですので、

そんなに難しい事ではありません。

これを見つける事が、試合の流れを大いに変えるチャンスと言っても

いいでしょう。

多用しない

ここで注意が必要なのが、相手の隙を見つけても

連続で狙いに行かない、という事です。

1点だけを狙っていれば、相手だってさすがに徐々にでも対応してくる

事になるでしょう。

また、無理な体勢から相手の苦手ポイントを狙ったところで、かえって

こちらがミスしかねませんので、程良いタイミングで打ち込み、

相手が自分の弱点に気づかれた、と思わせない様にすることが

大切です。

「バレた」というのをバレない様にするのです。

かつて私が中学生の頃、練習試合にて男女混合になった事がありました。

力においては明らかに有利だった男子に対し、相手の女子がその試合に

勝利しました。

男子は私の友人だった事もあり、私は彼の苦手な部分を知っていて、

ポイントを取られた時の大部分はそこを狙われていた事に、試合後に

思い返してから気づきました。

女子の見事な戦略が勝因だったのです。

このように戦略というものは、それ一つで試合の戦況を簡単に覆す事が

出来る事を覚えておきましょう。

スポンサードリンク