スポンサードリンク



バドミントンの試合での勝利への道とは?

バドミントンにて試合に勝つ事が出来る理由は様々です。

初心者・中級者だと、どちらがが技術面、あるいは体力面で

優れているかがカギになるでしょう。

相手に取られた一点は、自分のミスが一つと考えていいです。

長いラリーについていけなかった。

スマッシュをミスしてネットにかかった。

フェイントをかけられた。

等々…。

そして試合中はその事をすぐに忘れられる様にすることです。

落ち込むと連続でミスしやすく、勝てる試合も

勝てなくなってしまいます。

原因究明・分析は後から

試合中は、とにかく試合に集中しましょう。

そして勝負がついた後にゆっくりと考え、

原因はどこにあったのかを思い出し、

明確にしておく事で対策が出来て、

次の試合につなげる事が出来ます。

負けは決して無価値ではありません。

勝敗関わらず、すべての試合が経験値の蓄積なのです。

緊張の対策

もう一つ。

いつもの練習の成果が出せない…!

というものですが、原因のほとんどが「緊張」から来ます。

手とか足の震えはよく聞く話ですが、

実は「あくび」とか「腹痛」があった時も、

体が緊張している時になる症状だそうですよ…

そんな時の対策法があります。

それは「さらにもっと緊張する事」だそうです。

疑問符が浮かびますよね。

しかし実はこの方法、大学の人間の生体や心理学の研究で

ちゃんと立証されているものなのです。

要はむしろもっと緊張し、力が入ってしまっているところに

もっと力を入れると、緊張はほぐれていくそうです。

緊張しやすい方は、是非試してみて下さい。

精神を鍛える

そして、選手が上級レベルやプロになっていくと、

一瞬の隙をも見せない、神経が張り詰めた戦いと

なっているでしょう。

ここまで来ると、僅かな打球コントロールのズレだったり、

ごく一瞬の油断をしてしまうと、そこに勝敗が見えてきます。

逆に言うと、そういった弱点は相手のどこにあるのか、

探りながら見逃さず、そのチャンスを掴む事で、

試合の流れを勝利の方向に導く事でしょう。

技術・体力で相手と対等ならば、今度は精神の勝負となります。

では、「強い精神」とは何でしょう?

初心者・中級者の所でお話しした、「失敗=悪い事」という

考えを変え、砕けて言えば「別にいいや」と思うようにする、

前向きな考え方を持つというのが方法の一つでしょう。

あとは、誰よりも自分を信じる事です。

あなたがこの先に待っている試合、その為に今日まで練習してきた

筈です。

ならばその成果を存分に発揮する事です。

自信を失わない事が大切です。

スポンサードリンク



コメント

  1. 由紀 より:

    「あくび」も緊張状態にあるとは知りませんでした!バドミントンだけではなく、普段の生活でも実践できそうでとても勉強になりました。

  2. 暗号トレーダー より:

    「むしろもっと緊張し、力が入ってしまっているところに
    もっと力を入れると、緊張はほぐれていく」いい事聞けました。自分も緊張しぃなのでその時が来れば試したいと思います。