スポンサードリンク



バドミントン初心者必見!必ず備えたい事とは?

バドミントンの初心者の方にお勧めする、大切な準備や行動は

ご存知ですか?

これらをする、しないで今後の上達速度に影響が大きく

出てきますので、是非覚えて下さい。

怪我の防止対策

バドミントンは、競技として行うと非常に激しいスポーツです。

ラケットを振ったり、体を大きく動かしたりしますので、

腕や下半身の前準備をしておかないと大きな怪我を負ってしまう

恐れがあります。

特に多いのが、アキレス腱の炎症、そして足首の捻挫です。

ラケットでシャトルを打つ瞬間、前に出た足は体重を支える、

あるいは踏み込む事になり、かなりの負荷がかかります。

筋肉を鍛えたり、ストレッチを事前に行う事で予防をしておく

事は勿論ですが、もし上記の怪我を負った場合は、プレイを

必ず中断し、冷やすなどして安静にしましょう。

また、熱中症対策も大切です。

めまい、頭痛等が初期症状となり、進行すると嘔吐や過呼吸、

痙攣が起こり、非常に危険な状態です。

前準備としては、水分補給が一番です。

公共の体育館であれば、必ず自動販売機が設置されていますので

プレイする前にスポーツドリンクを確実に用意しておきましょう。

サークルに入る

ひたすら1人でやっても間違った方向に進んで、気付かないまま

なってしまいます。

また、打ち合いや試合は複数いて初めて成り立つものです。

指導者や仲間がいると、それだけで成長がしやすいですし、

なにより楽しいです。

指導者を見つけるに当たっては、学生なら部活に入るだけで

済みますが、社会人や趣味で始めると中々難しいものですので、

インターネットで、近所のサークル参加者募集のサイトを

見てみたり、体育館のバドミントンが出来る曜日と時間を見て

その時にお邪魔してみたりしましょう。

私は学生の頃、毎週日曜日に仲間を連れて体育館で練習していた

時にお会いした、定年退職なさった方々の集まりで出来た

サークルと知り合い、試合をして交流しました。

ところがある日、見た事の無い人がいて、ずっと隅で座って

見学していました。

恐らくバドミントン自体初めてで、どの様に交流したらいいか

分からずにいたのでしょう。

するとサークルの方の1人が近寄り仲間に入れてあげていました。

体育館に入ってきた時から気付いていたのでしょう。

その方は日に日に楽しそうな表情になり、みるみるうちに成長

していったのです。

集団の中に入るという一歩は、そう簡単な事ではないと思います。

勇気がいりますが、そのステップさえ越えれば、

あとは楽ですし、相手側は大概喜んで迎えてくれるものです。

あまり気を張らず、リラックスしましょう。

スポンサードリンク



コメント

  1. 由紀 より:

    せっかくの楽しいスポーツも、怪我をしてしまったら大変ですもんね。自分は大丈夫と油断せず、しっかりと対策することが大事ですね。

  2. ぽん。 より:

    老若男女で楽しくも、本気でもやれるスポーツなんだと思い、自分も挑戦したくなりました。

  3. うぬ より:

    初心者なのでとても助かった…。どのスポーツも熱中症対策は大事だなあと感じさせられてた。

  4. うぬ より:

    趣味でバドミントンを始めたが…とっても楽しいので続けて行こうと思う。

  5. ねもやん より:

    たしかに、私も今は友達とスケジュールがあった時にやるみたいな感じなんでサークルみたいにいつでもバドミントンができる環境があるのはいいかもしれません。サークル探してみます

  6. うり坊 より:

    一人だと続けにくいスポーツなので、確かにサークルに入ることは大切だと思います。

  7. ねね より:

    バドミントンをこれから始めたいと思っている者です。まず揃えておきたいものや、注意点、などが大変わかりやすかったです。また、そんなにハードではないスポーツと侮っていましたが、実はハードなスポーツなのですね。私も怪我をしない程度に学生時代を思い出し頑張って楽しみたいです。

  8. ヒロ より:

    バドミントンにかぎらず、独学だと間違った方向に進んでしまっても気づきにくいですから、自分より上のレベルの人がいるサークルなどに入るのはいいことだと思います。

  9. sas より:

    サークルには入っていますが、バドミントン初心者です。
    道具をそろえることばかりに意識が向いていたので、参考になりました。

  10. サンシャイン より:

    サークルに入れば楽しくワイワイしながら上達しそうな気がする。

  11. しゅう より:

    バドミントンは実際にやっていると意外とケガをしやすいのでやはりケガ対策はすごく重要だと思いました。

  12. けい1115 より:

    初心者なので非常に参考になりました。水分補給、確かに非常に大切ですよね。心がけるつもりで水分を摂取したいと思います。

  13. やまぶき より:

    サークルに入るのは良いですね!
    刺激にもなりますし、マンネリ化も防げそうです!
    色々情報も聞けそうですし!

  14. スキヤキ より:

    バドミントンは風の抵抗を受けてはならないスポーツと聞きました。
    特に夏場は空調が効いているコートであれば心配ないかもしれませんが、空調も本来ダメと聞いたことも…
    だとしたらとても過酷なスポーツだと思います。

  15. とふ より:

    やはりサークルに入った方がいいですかね…

  16. ヤム より:

    本格的にバドミントンをしようと思ったらやはり一人では限界がありそうですね。

  17. ZENN より:

    学生時代に部活動に入った身としては、社会人になって気軽にプレーできるサークルは非常に有り難いので有効活用したいです。

  18. 薄毛ドンちゃん より:

    バドミントン初心者です。
    体育館でやっているサークルが中々無くて、現在探しています。
    屋外では、風が影響してラリーが続きません。

  19. あーちゃん より:

    バドミントンは学校の授業でしかしたことがなかったのですが、初心者向けの記事との事で怪我をしない方法などをしれてよかったです。

  20. あーちゃん より:

    バドミントンは学校の授業でしかしたことがなかったので、初心者向けのわかり易い記事でよかったです。怪我をしないことが1番大切ということや、上手い人を見習うことが大切ということを学びました。

  21. リッチー12 より:

    私は足首が弱いのかよく捻挫をしますので、この記事の内容には深く賛同する部分が多かったです。

  22. sayeko より:

    学生の頃、ずいぶん柔軟の時間が長いと思っていましたが、良いコーチだったんですね。やっと当時のコーチの気持ちが伝わった気がします。

  23. ゆずろう より:

    バトミントンをやるにあたってサークルに入るのはいいことですね。何事も楽しくやるのが一番です。

  24. ナナキ より:

    ランニングや筋トレも大事だけど、怪我防止の為に毎日しっかりストレッチをするのはとっても大事ですよね。

  25. つぼ より:

    バドミントンは確かにお年寄りから子どもまで楽しめる良いスポーツですね。

  26. あおい より:

    「1人でやっても間違った方向に進んで、気付かないまま」がまさに私を表しています。
    実際は友人と3人ですが、全員で勝手にやっているので楽しくはあるものの物足りなさがありました。
    どこかサークルを探してみようかと思います。

  27. みとはん より:

    たしかに初心者が急に練習を始めると怪我をしそうですね。サークルも探してみようと思いました。バトミントンしたいなと思っていたのでとても参考になりました。

  28. なおさん より:

    初心者ですし、楽しい時期なのでとても参考になる記事でした。怪我が一番怖いですからね。

  29. natutomo より:

    サークルでもなんでも、入っていくのに最初は勇気がいりますが、スポーツは仲間がいると何倍も楽しいですね。