スポンサードリンク



バドミントンのショットの種類と意味を解説!

バドミントンのショットの種類は沢山あるのをご存知でしょうか?

防御系ショットから攻撃系ショットまで強弱が激しく、

組み合わせる事で様々な戦術やラリーが展開され、

試合に勝つ為の要素となります。

クリアー

高く遠くへ飛ばす、基本的なショットです。

飛行時間が長い為、相手の様子を見るか、

自分の体勢を立て直す、防御のショットですが、

実はコートの奥へ飛ばす事で、相手をそこまで移動させるという

意味で、ある意味攻撃的ショットとも言えるのです。

上記を正式にはハイクリアーと言い、

一方でドリブンクリアーというショットがあります。

狙う場所は同じですが、比較的低く速い弾道で飛ばすので

ハイクリアーより攻撃的です。

しかし、低すぎると途中で相手がジャンプして返球してくるので

打つタイミングには注意が必要です。

ロブ

ロビングとも呼びます。

相手がネット際のショットを打ってきた時に、

クリアーとほぼ同じ弾道で返球するショットなので

同様に体勢を立て直す、防御としての目的が大きいです。

ヘアピン

ネット際のシャトルを返す時に、こちらも相手のネット際へ

返すショットです。

ロブと見せかけて打つショットとすると、攻撃的ですね。

精密なラケット操作が必要になりますので、

出来るだけシャトルが自分のコートに入った瞬間の、

一番高い位置で打つ事が大切です。

これが出来ずに高い弾道になってしまうと、

相手の攻撃チャンスとしてしまう、諸刃の剣である事を

お忘れなく。

プッシュ

その名の通り、押し込むショットです。

高すぎるヘアピンを打ってきた時などに、チャンスとして

打ち込みます。

だたし、ラケットを振り過ぎるとネットに当たり、

反則になってしまうので、要注意です。

ドライブ

床に平行にして打つショットです。

打球スピードとネットギリギリを越えて打つ事がカギで、

これにより相手に甘い返球をさせる事によりチャンスを得る、

攻撃のきっかけになるショットです。

スマッシュ

何と言ってもカッコよく、

超攻撃的で、

一番に得点が決まりやすいショットです。

角度をより鋭くする為、打点を強制的に高くする

ジャンピングスマッシュもあります。

プレイヤーを輝かせてしまう効果もありますね。

しかし、ネットに引っかかってしまっては元も子もありません。

なので正しいフォームが出来る、ここぞという時にのみ

発動する事が、ポイントを得る決め手の基本となります。

ドロップ

スマッシュと角度は似ていますが、速度は遅く、相手コートの

ネット際へ「落とす」ショットです。

相手がスマッシュ返しに得意ならば、スマッシュと見せかけて

ドロップをフェイントで打つ、という戦法が主です。

こちらも使いすぎると簡単に読まれてしまい、

加えてネットから高すぎると、逆にプッシュされてしまいます

ので、使い際の見極めが必要です。

これらは打ち方を若干変えれば、更に細かい種類に分けられますが

基本的には上記の種類で分けられます。

ショットの全ての意味を知り、マスターする事が

上達する条件であり、

試合に勝てる為の要素となりますので、是非把握して下さい。

スポンサードリンク



コメント

  1. 暗号トレーダー より:

    それぞれのショットによる駆け引きがあるんですね。7つのショットで組み合わせた様々な戦略なども考えてるんでしょうね。奥深い。