スポンサードリンク



バドミントンのシングルスに合うラケットとは?

バドミントンのラケットにはシングルスに向いているものがあり、

4つのポイントから割り出されます。

好みやプレースタイルにより、一概に全ての人に共通とは

言えませんが、一般的な傾向をお教えします。

1、相手に攻撃をさせない戦略

特にスマッシュ。

こちらをいかにさせない様にする作戦が、試合を有利に運びます。

その為には、ネット際で落とす打球、

サーブだとショートサーブ、

(最近のプロの試合だと、こちらが主流になっている程です)

ラリー中だとヘアピン等が有効です。

また、シャトルは飛距離が長いほど速度が落ちてくるので、

相手の打球を返しやすくなるので、

コートの奥まで飛ばす事の出来る、

ロビング又はクリアーが特に有効になります。

2、相手からチャンスをもらう

ネット際でからむようなショットを打つと、相手のリターンが

甘くなりやすいです。

そこをプッシュして決める。

こういったポイント獲得の展開が、プロの試合でもよく見かけます。

つまり、自分がそのネット際のショットの技術を磨く事が

大切になります。

3、バランスの保持

筋力を鍛えるのも大事ですが、フォームを崩さない事です。

体勢が保たれるだけで平常心が維持できるので、

冷静な判断が出来る上で力強いショットが打てるのです。

心拍数も上がりづらく、長いラリーを続ける事も出来ます。

4、アイデンティティーを持つ

自分だけの特徴的、あるいは得意な打球を得ましょう。

例えば、

ヘアピンやドロップが得意で、シャトルをネットぎりぎりに

よせる事が出来る。とか、

スマッシュの攻撃力が高く、速いショットが打てる。

あるいは、ドライブ合戦には絶対負けない。とか。

一つでも何かあれば、言い換えると相手にとってそれが苦手な

打球であれば、戦略の幅が広がります。

組み合わせが増えれば、それだけ相手を追いつめる方法が増える

という事なのです。

以上の事を踏まえて結論を言うと、

1からは、軽い力で遠くまで飛ばせる。

2からは、スマッシュなどの攻撃的ショットの威力を上げる。

(3はトレーニングで得る事が出来るので省略します)

4からは、上記1と2を得意な打球で誘う。

となります。

そして、これらを利点としてくれるラケットは、

トップヘビーのラケット

という事になるのです。

実際、シングルスのプロ選手が使用しているラケットのほとんどが

トップヘビーのタイプだそうです。

スポンサードリンク



コメント

  1. うり坊 より:

    テレビでたまに試合を見ますが、スマッシュが決まると観覧側も気持ちよくなります。
    戦略として「アイデンティティーを持つ」という考えは目から鱗でした。