スポンサードリンク



その考えに罠が!?バドミントンのシングルスの立ち回り方

バドミントンでシングルスは自分だけが全てです。

自分のコート内は全部一人で扱っていかなければなりません。

多くのプレイヤーが思いがちな、あまり良くない考え方があり、

それを紹介しながら、試合に勝つ為に何をすればいいのかを

お教えします。

狙い方の違い

速く、鋭いスマッシュ。

繊細な技術。

相手より長く続く体力。

これらは日々の練習で身に付くでしょうが、中級者手前辺りの

方が試合でよくやりがちな事があります。

それは、相手コートの4隅に満遍なく飛ばし、

相手を疲れさせる、という方法です。

これはなのでご注意ください。

実はコートの4隅を狙ってショットを打っても、

相手をあまり動かせていません。

コート中央のホームポジションから、コートの4隅は

大した距離ではないからです。

それよりもコート際へ落とし、相手にヘアピンを打つよう誘い、

すぐさまロブやプッシュで奥へ飛ばす。

この方が圧倒的に疲れさせる事が出来ます。

つまり、いかにして空いているスペースを作るか

これがカギになります。

そしてそこを狙うのです。

チャンスを見極める

もう一つの注意点が、むやみにスマッシュを打たない事です。

スマッシュは確かに、攻撃的で相手を困らせる様な

ショットではあります。

しかし、相手がそれに対応できる技術を持っていたら?

速い打球は、それだけに自分にも早く返ってきますので、

諸刃の剣とも言えるのです。

スマッシュを決める時は確実なチャンスの時、

あるいは自分が体勢に十分に余裕を持っている時のみにしましょう。

分析力を高める

それでも勝てない場合は、他の方法として知略があります。

試合中に相手の苦手な打球を見極める「目」です。

甘く来る打球は何か?

それを打たせるには、こちらはどんなショットを打てば?

そのショットを打ちやすくする為、相手に何を打たせるか?

3歩でも4歩でも手前から読み、自分がポイントを得るまでを

想定するのです。

まるで将棋ですね。

試合中にそんな事を考えるのは中々難しいかもしれません。

しかしこの能力を得れば、かなりの強みになります。

本当の相手は「自分」⁉

あとは、自分でミスをしない事です。

技術や戦略などでしたら、相手だって持っているはずです。

自分の苦手な部分がバレたら、当然相手はそこにばかり

付け込んで攻めてくる事でしょう。

そうなれば一方的に劣勢になってしまいます。

まずは苦手意識を克服する事

これがシングルスの試合で勝つ為の、上達の第一歩なのです。

スポンサードリンク