スポンサードリンク



バドミントンでスマッシュをネットに引っ掛けない方法とは?

バドミントンにてスマッシュがネットによく引っかかる事が

多い方へ。

スマッシュは一番ポイントを得やすいショットであると当時に、

一番ミスをしやすいショットでもあります。

せっかくのチャンスを無駄にしない為にも、自分からミスは

したくないですよね。

最低でも自分でのミスは無くすため、まずはスマッシュを

相手のコートに入れる事から意識していきましょう。

では、スマッシュがネットに引っかかる原因を探ってみましょう。

無理に打たない

まず、シャトルをラケットにしっかり当てる事です。

他のショットとは違い、スマッシュは打点が変わります。

よってポイントになる事は、シャトルの落下地点に体をちゃんと

持ってくる事です。

攻撃しよう、と思うと無理な体勢で打ってしまいがちです。

どんなショットでも言える事ですが、フォームを崩さない事が

大切です。

スマッシュのチャンスは、自分の体勢に余裕がある時、と

心得ましょう。

加えて、素早いフットワークを身に付ける事が出来れば、

チャンスの幅は広まります。

普段の基本練習はこういった所でも大事になるんですね。

微調整の繰り返し

そして、打点の位置調整に入ります。

クリアーと同じ場所では、重心が後ろに行ってしまっている為

スマッシュとしての力は入りません。

しかし、これだけだと逆に前に行き過ぎてしまい、シャトルの角度が

鋭くなり過ぎて、結果ネットに引っかかる事となってしまいます。

ひとまずは、フォームを固めた状態でネットのどの部分に

引っかかるか調査してみましょう。

ネットから上に余計に浮く

または角度がキツ過ぎるといった事があれば、

前者の場合、少し前で打ってみる

後者の場合、少し後ろに下がってみる

といった具合に微調整を徐々に行うと良いです。

また、球技全般で言える事ですが、打球の調整において、

目標の物が無いままだとなかなか狙いが定まらない傾向にあります。

なのでバドミントンの場合はまず「ネットの白帯の部分」

目標にしてみるといいです。

そしてこれは若干レベルの高い練習法ですがお教えしておきます。

スマッシュは速度だけでなく、ネットのすぐ上を通る為の角度が

必要になりますが、それを強制的に鋭くする方法があります。

それは「ジャンピングスマッシュ」です。

ジャンプして打つ事で床からの打点が上がり、通常よりさらに

角度を鋭くできます。

しかしこれは空中にいるという事から、シャトルの捉え方が

難しいので、あくまで基本フォームが整ってから、応用として

練習してみて下さい。

スポンサードリンク



コメント

  1. うり坊 より:

    ジャンプして打つのはタイミングが難しいので出来そうにありませんが、選手がジャンピングスマッシュを決めると見ていて気持ちいいのでとても羨ましくなります。