スポンサードリンク



最初から最後まで大事!バドミントン5大ストロークとは?

バドミントンにてストロークとは、とても重要な存在です。

ここでは、5種類のストロークのやり方と大事なポイント

をご紹介します。

オーバーヘッドストローク

クリアーを打つ時の振り方ですね。

頭より上の高い位置で打つわけですから、強さや角度の幅が

広いです。

よって、様々な戦術の展開を繰り広げる事が出来ます。

シャトルの落下点に出来るだけ早く到着する事で、

備えやコントロールの調整がしやすくなります。

サイドアームストローク

ラケットを床とほぼ平行にするくらいの高さ(肩から腰辺り)

のシャトルを打つ時の振り方です。

オーバーヘッドと比べ、戦術の展開が限られますし、

飛距離もあまり出ません。

しかし目線が高くなく、低くもありませんので見やすいですし、

体の左右を補う、マスターする事が欠かせない振り方の一つです。

守備の安定性を得るためには必ず必要なストロークです。

アンダーハンドストローク

足元やネット際に落ちて来た低いシャトルを、

ロブやヘアピンで打ち返す振り方です。

ほぼ防御に向いている打ち方ですね。

よって、かなり大きな体勢になる為、次の行動にすぐに

移る事が出来る様にしなければなりません。

攻撃にはほぼ不向きな事から、シャトルを飛ばしたい方向に

ラケットをしっかりと向けて飛ばす事を心掛けましょう。

ハイバックハンドストローク

相手に向かって体は背中を、手は甲を向けて

バックハンドで打つ振り方です。

体重の入れ方、手首を動かす方向、目線等、様々な状況が

通常と違い、逆になります。

よって、マスターするには非常に時間が掛かり高難度です。

奥まで飛ばされたシャトルを打ち返す場合、

最初はドロップなどで、ネット際に落とすショットにより

コントロールを磨いて、出来上がってきたら、クリアーで

返せる様に力を入れたショットの練習をしましょう。

私はこのショットのマスターにかなり時間が掛かりました。

というわけで、百聞は一見にしかず。

正しい動き方は「見て盗む」事が一番わかりやすいです。

参考の動画を載せておきますのでご覧下さい。

ラウンドザヘッドストローク

利き手が右手の場合、頭上を通り越して左の肩の上辺りに来た

シャトルを打ち返す振り方です。

ハイバックハンドが苦手だったり、その体勢に移るには

シャトルが落ちてきて、間に合わなかったりする場合

この体勢で打ちます。

若干無理な体勢ではありますが、オーバーヘッドに似ているので

戦術の展開は広いです。

「シャトルが当たる瞬間だけでいいじゃん。」

と思うかもしれませんが、ラケットの振りかぶり、振りぬきを

正しいフォームで行う事で初めて、シャトルをコントロール

する事が出来る為、しっかりと身に付ける事が

上達に繋がるのです。

スポンサードリンク



コメント

  1. ヒロ より:

    昔バドミントンをして遊んでいたとき、手首が痛くなったことを思い出しました。この記事のストロークを意識すればそうならなかったかもしれません。

  2. 薄毛ドンちゃん より:

    ハイバックハンドストロークなんて打てるようになったら、気持ちよいですね。
    練習します。

  3. くまゆん より:

    いろいろなストロークがあるんですね。
    勉強になります。あとは、練習あるのみですね。

  4. あーちゃん より:

    一言にストロークと言っても、たくさんの種類があることを知りました。また、動画も乗っていることでイメージしやすかったです。

  5. あーちゃん より:

    一言にストロークと言っても色々の種類があることを初めて知りました。また、一つ一つの説明もあり各ストロークについての理解も深まりました。

  6. リッチー12 より:

    ストロークの色々あることが分かりました。今度の練習では本記事を参考にしてやってみます。

  7. あおい より:

    バドミントン初心者です。
    ストロークの練習の心掛けまで解説されているのでとても参考になりました。

  8. natutomo より:

    ハイバックハンドストロークって、すごい技ですね。出来たら気持ちいいだろうなー。