スポンサードリンク



バドミントンの素振りの重要性と意識の注意点

バドミントンで素振りの練習は、特に学生時代に部活をやっていた

人達は散々やっていた(やらされた?)事でしょう。

それだけにかなり重要なトレーニングなのです。

いきなりシャトルを打たせない事には、

正しいフォームをしっかりと身に付けてからでないといけない。

という理由があり、

今後の上達が伸び悩み、1からやり直す羽目になってしまう

可能性も十分に含んでいます。

バドミントン歴10年以上の方でも、暇さえあれば素振りを

行っている方は沢山いらっしゃいます。

これから始める方は特に、「早くシャトルを打ちたい」

という気持ちがあるでしょうが、

基本の構築、上達の第一歩として、欠かさずに行いましょう。

既に経験者の方でも例外ではありません。

基本というのは、定期的にでも再確認しないと、

徐々に崩れていくものです。

初心に帰る気持ちは忘れない様にしましょう。

握り方

一般的にはイースタングリップで、シェイクハンドグリップとか

フォアハンドグリップとも呼ばれています。

画像の様に床とラケットの面を垂直にした状態で、

手の平も垂直にして握る方法です。

握る位置も画像の様に、手の平の下の部分が

グリップエンド(グリップの一番下の太い部分)に

少し当たる位の位置が一般的とされています。

しかし、握る位置は状況に応じて変わります。

ダブルスの前衛だったり、ネット近くでの、

相手とのやり取りの展開が早い場合は、

振りのスピードを速くする為に、短く持つ事もあります。

振り方

最も大切な事。とか、意識する様に。

とよく言われているのが、「回内」です。

簡単に言えば、手首の使い方の事を言い、手首を縦・横に

往復する事とは違い、

手首を内側に回転させる動きの事を言います。

これを意識して腕の振りを加えていくのです。

ここまで来ると、初心者の方は中々難しくなってくるでしょう。

手首の振り、腕の振り、重心の位置。

多くの事を同時に意識しなければなりません。

なので、最初は先ほど述べた回内、つまり手首だけで八の字を

描くようにラケットを回してみて下さい。

それが慣れたら腕全体の振りを加えて、

更にそれが慣れたら利き手と反対の腕を加えて、

そして足腰を加えて全身で、

といった具合に、段階を踏んで行うといいです。

想像する

最後にもう1つ大事な事があり、

シャトルが来て、打ち返す事をイメージして振る、という事です。

実際に打ったり、試合でもしない限り、素振りの練習は

時間が経つにつれ、だらけてしまい崩れてきてしまいます。

正直、楽しい練習とは言いにくいです。

しかし、だからこそマンネリ化を防ぐために、

1回1回のスイングに、シャトルを打っている事を想定して

振り方を研究し、調整する様にして下さい。

その方が飽きずに続ける事が出来るはずです。

スポンサードリンク



コメント

  1. 由紀 より:

    何事も基本に立ち返り、地道な努力が実を結ぶんですね。常にそのことを忘れないようにしたいです。

  2. うぬ より:

    1からやり直す羽目になってしまう可能性が怖くて中々練習に踏み込めない、

  3. ヒッピー より:

    素振りは地道だけど、イメージ練習にもなりますから大事ですよね。

  4. ヒッピー より:

    明日から1日500スイング頑張りたいと思います。

  5. うり坊 より:

    写真付で親指の位置が写っていて、とても分かりやすかったです。

  6. ヒロ より:

    子供のころに遊びでバドミントンをしたことがあります。自分ではちゃんと振っているつもりでもシャトルに当たらないことがけっこうあり、自分には向いてないと思いました。
    ちょっとしたコツを知っていたらもっとできたかもしれません。

  7. けい1115 より:

    まさに初心忘れべからず、ですね。なんのためにやっているのか、必ずちゃんとした意味があるのだとこの記事を拝見して感じました。

  8. スキヤキ より:

    地味な練習ほど上達への近道だということですね。
    この地道な練習を欠かさずする人ほど結果に繋がりやすいことがわかりました。

  9. ZENN より:

    一番フィットする握り方がベストですが、習慣化する前にどの持ちかたが合っているかの客観的評価をしなければいけませんね。

  10. くまゆん より:

    素振りさんざんやりました。身体に自然と身に付いています。めんどくさいと思いながらやっていましたが、大事なをですね。

  11. あーちゃん より:

    学生の頃に授業で素振りをしましたが、握り方や振り方はこの記事の方がわかりやすくよかったです。また、基礎ができていないと初めからやり直さなければいけないということを知り、基礎がいかに大切かを知りました。

  12. 暗号トレーダー より:

    プロ野球もプロゴルファーも毎日欠かさずスイングフォームを体と脳に覚えさせていますもんね。グリップの握り方から体の型までしっかりと。