スポンサードリンク



バドミントンシャトルの耐久の良さはコレで見極める!

練習、試合に絶対欠かせないバドミントンシャトル。耐久性は特に

高いものを使いたいですよね。

では「良いシャトル」とは、どの様に見分ければいいのでしょう?

すぐボロボロになって新しいものに代えていったら

相当な出費になってしまいます。

かと言って、丈夫でも飛行性が悪かったり、打球感が重かったり

するシャトルだと、微細な操作が求められるバドミントンでは

練習に差し支えてしまいます。

そしてコスト。

出来るだけ安く済ませたいですよね?

まとめると、

飛行性にブレが無く、

打球感のバランスが良く、

耐久性が高い、

これらが揃うと、性能の良いシャトルと言えるでしょう。

現在、様々なメーカーから多種多様のシャトルが販売されていますが

違いがよく分からないという人も、少なくない筈です。

そこでここでは、その様な良いシャトルの特徴をご紹介します。

羽根

まず水鳥のタイプのシャトルの「羽根」の部分です。

日本バドミントン協会で運営する公式試合で使用を

義務付けられているシャトルはガチョウの羽根を

使っています。

軸の部分がしっかりとしている為、折れづらく、

またコルクから抜けづらいのです。

加えてガチョウには個体差が少なく、品質が安定しており、

大量に生産する事が出来ます。

一方でアヒルの羽根を使っているシャトルもあります。

ガチョウの羽根より安価で済みますが、耐久性にはやや劣ります。

コルク

こちらも素材によって打球の感触が大きく変わり、

打ちやすさが異なります。

天然のコルクなら、羽根でいう所のガチョウの立ち位置になり、

打った時に気持ちの良い感覚を受けるでしょう。

値段は高めですが、耐久も十二分です。

一方で、天然コルクの素材に似た「木」を加工して作られた

人工コルクがあります。

安価ではありますが、打球感は少し打ちにくい感じがあります。

また、コルクの粒等が集まって圧縮し固められた、圧縮コルク

という種類があります。

こちらも比較的低価格ではありますが、耐久性がやはり劣ります。

ラベル

素材を確認するにも、目で見て判断できるものではありませんし、

分解するわけにもいきませんので、

良いシャトルは「ケース」を見るようにして下さい。

まず公式大会レベルで性能がいいものは、

「検定合格球」と呼ばれており、

バドミントン協会がシャトルを一個一個テストして

選ばれたものです。

第一種と第二種に分かれ、第一種が最上級の性能を発揮します。

しかしここまで性能が良いものになってくると、出てくる問題が

最初に述べたコストです。

一例を挙げると、代表的な第一種検定球は

ヨネックスの「ニューオフィシャル」です。

全ての特徴において優れており、その為ほとんどの公式試合に

使われています。

しかし、1ケース12個入りで4000円程度になります。

ただし、これだけではありません。

確かにバドミントンと言えばヨネックス、という感覚が強い

方も多いですが、海外のメーカーでも検定に合格している

シャトルはあります。

あまり日本では有名でない事と、取り扱っている用品店も

少ない事から、多くの人には知られていませんが、

性能は引けを取らず、かつ比較的安価で手に入るので、

是非お試しください。

スポンサードリンク