スポンサードリンク



バドミントンのシャトルは安いので大丈夫?経験者が解説

バドミントンのシャトルは安いものを選んでしまって、

果たして良いのでしょうか。

シャトルには大きく分けて2種類のタイプがあります。

翼の様に広がっている部分がナイロンで出来ているタイプと、

まさに鳥の羽根をそのまま取り付けた様な、「水鳥(みずどり)」

と呼ばれるタイプがあります。

ナイロンのタイプ

こちらは練習用としてよく使われており、特徴としては頑丈です。

小学校、中学校での部活では多く使用されている様です。

また価格も比較的安価で手に入ります。

バドミントンのシャトル自体が消耗品ではありますが、

比較的長持ちするのでリーズナブルに済みます。

しかし、あまり飛びません。

全力でクリアーを打っても、コートの端から端まで届くかどうか…

そして、沢山試合をしたい方には不利になります。

昨今で使用されている試合球は、この次に説明する水鳥のタイプ

であり、打った時の感覚がまるで違うからです。

水鳥タイプ

まず、試合で勝ちたい人はこちらを使用すると良いです。

文字通りで、公式試合にも使用される為、練習の成果をそのまま

の形で試合に臨めるからです。

シャトル自体の特徴としてはまず、打った時の抵抗が比較的小さく、

腕の負担が少ない為、無駄に痛める事も少ないです。

そして、水鳥には更に素材によって区別されます。

羽根の部分はガチョウとか、アヒルの素材が採用されて作られており、

ガチョウの素材の方が若干耐久性が高いです。

また、羽根の厚さも変わり、打った時の飛び方が変わってきます。

先端のコルクまで、人工天然という違いがあります。

良い素材になるほど手ごたえが良くなり、思った通りの打球を打つ

事ができるでしょう。

では、どうやってそれを判断するのでしょう?

一つ目に、「基準を確認する」事があります。

シャトルにも審査で決められた等級の様なものがあります。

第一種、または第二種検定球と、シャトルのケースに表記されていて

第一種の方がランクは上になるので、こちらの方が耐久性や飛行性能

も優れています。

二つ目の判断基準は「値段」です。

当然、上記の等級が高い方が値段も高くなります。

水鳥のシャトルなら、有名メーカーの高級品になると

12個セットで4000円近くの商品があります。

これだけ高いと、それに見合った強度は備えてあります。

高いですよね…。

かと言って、2000円前後のものに妥協してしまうと、

すぐに壊れてまた購入しなければいけません。

安易に安いから、という判断で購入するのは危険ですので

控えるか、あるいは即決せずよく考えてからが良いかと思います。

しかし、やはり値段の高いシャトルを購入するのは抵抗がありますよね。

せっかく高いのを買ったのに壊れたら…

なんていう不安が生まれると思います。

正直、バドミントンをプレーしていく上でシャトルというものは

プレイヤーを一番に悩ませてくる問題でしょう。

ただ、今一度高級なシャトルのメリットをまとめてみると、

・試合の感覚が養えること。

・抵抗が少なく、腕を痛めにくい。

・効果的な基礎打ちが出来る。

・壊れにくい高い耐久を持ち、仮に壊れても部分的なら練習用として

お下がりに出来る。

といった具合に、高価というデメリットに相反し、メリットは沢山あります。

目先の値段というものに囚われず、今後の自分の為を思った判断

して欲しいと私は思います。

スポンサードリンク