スポンサードリンク



知っておきたい!バドミントン用語

バドミントン用語は、バドミントンをプレイしていく上では大切で、

例えば試合で主審の発言に「?」となれば、

下手したら指示とは違う行動をとってしまい、

反則になりかねません。

また仲間との会話をしやすく、楽しむ為にも知っておきたい所です。

「ほら、アレなんて言うんだっけ?」

となってしまっては会話が進まなく、効率が悪いです。

イン・アウトとか、サーブとか、他の球技でも使う用語だったり、

アンダーハンドストローク等、考えれば自然と意味が分かりそうな

用語は一旦置いといて、

バドミントンでしか使わないような、深めの用語の意味を

ここではお教えします。

・アタックロブ

低めの高さで打つ、攻撃よりのロブ。

・アバブザウエスト(ハンド)

サーブ時の反則行為。サーブ時シャトルを打つ位置が、

ウエスト(腰)、かつハンド(手)より上であった場合

反則になります。

・インターフェア

相手の動きをわざと妨害する行為の事。

・インパクト

ラケットでシャトルを当てる瞬間。

・オーバー(ザ)ネット

反則行為の一つ。

体やラケットがネットを越え、相手のコート区域に入る事。

・クロス

自分の位置から、相手のコートの対角線方向の事。

・サムアップ

ラケットの握り方の一つ。

親指をグリップの軸と平行に立てて握る事。

指の腹で押すようにしてラケットを振ります。

・シャセ

すり足を使ったフットワーク方法。

・スイートスポット

ラケットの面の中央の事で、最適な打点です。

・スプリット

体全体の動きの勢いを止める為、足で踏ん張る事。

・ダイアゴナル

ダブルスのフォーメーションの一つで、コート内を斜めに配置

する事。男女混合ダブルスでよく使われる。

・タッチザネット(ボディ)

反則行為の一つ。ネットにラケットや体が触れる事。

(シャトルが選手の体に当たる事)

・タンブル

シャトルがコルクを中心に回転する事。

・テイクバック

ラケットを後ろに持ってきて構える事。

・ドリブル

ダブルタッチとも言う。同じラケットでシャトルを複数回当てる事。

・フットフォルト

反則行為。

サーブの際に、自分や相手の足が床から離れたり、

ライン踏んだりする事。

・プレースメント

狙った場所にシャトルを打つ事。

・ボーク

反則行為。

サーブにて、自分や相手がお互いをだますような行為をする事。

・ラッシュ

ネット際にダッシュをする事。

・リストスタンド

ラケットと腕をほぼ直角にして打つ握り方。

・レット

主審の判断で行う、ラリーの中止。

いかがでしょうか?

これらは一部を取り上げただけで、他にも試合で必須な事から、

知っておくと友人にちょっとした差をつけられるウンチクの

様な用語もあります。

是非、覚えておいてください。

スポンサードリンク



コメント

  1. 由紀 より:

    オリンピックなどで何となく試合を見るより、ルールや専門用語を知っているとより楽しむことが出来ますね!

  2. ぽん。 より:

    8年間もバドミントンをしていたのにオーバーネットしか知らなかったです。

  3. うぬ より:

    初心者なので用語をまとめてある場所を探して居ました~最高。

  4. ヒッピー より:

    すべての、用語に⁉️が着いてしまいました。少しずつ覚えます。

  5. ヒロ より:

    初心者以下レベルなので全然頭に入りませんでした・・。もしこれからバドミントンをやるとしたら覚えたほうがいいし、知っているとかっこいいかもと思います。

  6. sas より:

    バドミントン初心者です。参考になりました。

  7. スキヤキ より:

    野球やバレーボールでも聞くことのある用語がバドミントンにもあったとはビックリです!

  8. ZENN より:

    専門用語だけで20個以上あるのは流石に知らなかったですね、驚きです。

  9. くまゆん より:

    学生時代バドミントン部だったのですが、意外と知らない言葉がありました。

  10. あーちゃん より:

    競技には競技なりの用語があるんだということはなんとなく分かってましたが、バドミントンにもこんなに沢山の用語があることを初めて知りました。また、一つ一つの用語に説明がありとてもわかり易かったです。

  11. あーちゃん より:

    競技には競技ごとの用語があるということを知ってはいましたが、バドミントンにもこんなに沢山の用語があることを初めて知りました。また、一つ一つの説明もありとてもわかりやすかったです。

  12. リッチー12 より:

    バドミントンにもボークがあるのはちょっとビックリです。野球と同じような内容の反則ですね。勉強になります。

  13. sayeko より:

    中高校生の頃部活でやっていたのに、4つしかわかりませんでした。バドミントン検定みたいで面白かったです。

  14. あおい より:

    まだまだ知らない用語もあって驚きました。
    とても見やすくまとめていただいているので何度も見ることになりそうです。

  15. みとはん より:

    結構たくさんあるんですね。なかなか覚えきれませんが、少しずつ覚えたいです。

  16. 暗号トレーダー より:

    用語を覚える事で試合実況がより楽しめますね。近づく五輪を前に用語学習するのも楽しみの一つかも。

  17. なおさん より:

    ルールをきちんと知ることで見るのも数倍は楽しくなりますよね。もっと試合を見て勉強し直したいです。

  18. natutomo より:

    聞いたことがある用語の少ないことに驚きました。